施術をすればするほど赤字のサロン

こんにちは!
今年は大寒波で大雪のところが多いようですが、皆様のところは大丈夫でしょうか?


さて、今回のテーマは
「施術をすればするほど赤字のサロン」

 

実は、お客様が沢山入れば入るほど、赤字になるサロン・治療院があります💦
売上高は上がって「儲かってる!」と見えるのですが

実のところ、利益がなくマイナス・・・

「働けど暮らし楽にならず」という状態です。

 

何故、このようなことになるか?

 

経費には固定費と変動費(流動費)があります。

変動費はお客様が入れば入るほどかかる費用。

例えば、使い捨てシーツやカバー、スリッパ、ショーツ

エステやセラピーだと化粧品やオイルなどです。

 

これに対し固定費は

お客様が0人(悲しいですが・・・)でもかかる費用です。

以前にもブログで書きましたが(施術料金は何が基準かをご参照ください)
何もしなくても出ていく費用です。

つまり、これだけはどうしても稼がないといけない費用です。

 

ところが、集客するために値下げをしたり

無理なキャンペーンなどをやると

一時的には売上は上がることは多いですが

利幅が小さくなっているので、残るものが少なくなります。

 

いやいや、少なくなるくらいなら良いのですが

赤字になるケースも少なくないのです。 

この原因は「原価割れ」です。

自分のサロン・治療院の原価がいくらなのか?

それを割り出さずに、感覚だけで値下げをすると

気がつかないうちに赤字になっています。

 

例えば

①原価¥2.500

②変動費(商材費)¥1.000

③定価¥6.000

④利益¥2.500

とします。

 

毎月平均の月間来店数が50人とします。

そうすると売上高は¥¥300.000

利益は¥75.000

 

ここで半額キャンペーンをやったところ

お客様がいつもの3倍の150人になったとします。

150人!!1日平均5~6人。
大盛況ですね~~!!

この時の売上高は¥450.000

いつもより売上が多く「やった~~!」と万歳です!!

 

ところがよ~~く計算してみると

半額キャンペーンで施術料金が¥3.000になり

利益は一人に付き▲¥500💦

月間で見ると▲¥75.000 (*_*;

ということになります。

今までの利益と逆転です。

 

その月は売上が上がっているので支払いも楽かもしれません。

が!しかし!!

翌月払いや翌々月払いの請求書が来る頃には

残高がな~~い!!ということがおきてきます。

原価をしっかりと計算せず

売上高だけに目が行くと赤字になっていることがわからず

いつか維持できなくなります。

 

やっぱり「原価」がいくらなのか、これ大事です!!

ご質問をお受けします!

ご要望を頂き、ご質問をお受けすることに致しました!!
ブログ内容やサロン経営などのご質問のある方は

こちらから内容をお送り下さい。

ご質問はこちらから