お客様のために利益をとる?

こんにちは!
先日、ヘッドリフレの講習をやりました。後頭骨ラインにある内臓の反射区を指1本で施術するちょっと変わった手技です。

受講された方の施術結果は上々。モデルをやった方の顔や体が温かくなり、さらに顔がキュッと引き締まりました。

 早速フェイシャルで取り入れたら、いつもより顔が上がってお客様に喜んでいただけたと、うれしいフィードバックを頂きました!

 

 

 

 

今日のテーマ

「お客様のために利益をとる?」

 

前回もお話しましたが、料金設定をする時、多くの人が利益を取りたがりません。

できるだけ安く多くのお客様に・・・その気持ちは本当にわかります。 


 でも、利益を取らずにやっていくと、その行く末はどうなるか???

いつもぎりぎりの経営で何かあるとお手上げ!!

結局サロンや治療院を閉めなくてはならなくなることが多いのです。

それってお客様にとっては本当に困ります。

 

サロンや治療院を経営していく中で、毎月の出費、つまり固定費というのはだいたいわかると思います。

しかし、その他にも思わぬ出費が意外とあるものです。

 

自分の生活でもありますよね?!

冠婚葬祭・病気や怪我・教育費・レジャー・お付き合いなどなど

 結構お金のかかることが多くあります。

だから、毎月の収入から預貯金をする。

 

サロンや治療院では毎月入る収入というのが施術料金にかかってきます。

なので料金設定をする場合、この思わぬ出費を予想して設定しないと

いぞという時のお金がない💦 ということになり兼ねません。

 

ではサロンや治療院のいざという時とはどんなものがあるのかというと

・技術や知識なども講習を受ける

・新しい器具や商材を仕入れる

・お店や機器の修繕をする

・病気やけがをする

・トラブルが起こり賠償責任を負う

などなど、その額は生活のレベルとは全く違います。

 

ずっと維持できるサロンや治療院

常に進化するサロンや治療院

お客様に感謝の気持ちを何かで還元できるサロンや治療院

こういうサロンや治療院を作るためにも「利益」が必要です。

 

お客様にとっては安いほうがいいとは思いますが

サロンや治療院がなくなってしまっては本末転倒!

だから、お客様のために利益を取らないといけない訳です。

 

いかがでしょうか?
利益はお客様のためにあると思いませんか?

 

それでは、今日はこの辺で!

今日もありがとうございました。