ヘッドリフレ お客様の声

8000人以上の実績があるヘッドリフレ

私がこの技術を始めたのが20年前。8000人以上の頭を触ってきました。 しかし、触ってきたのはこの後頭骨だけ。頭全体をマッサージは行いません


 その理由は、後頭骨には内臓の反射区があり、このポイントで、お客様の状態がわかるからです。

 

 

私がヘッドリフレを導入したのは大手エステティックが全盛期の時。

美容機器を中心にした施術が殆んどで、体の内からという考えがあまりありませんでした。

 

今でこそ、リンパやアロマなど健康と美容を謳っているサロンが主流となりましたが、その頃はなかなか認めらず、 かなり苦戦した時期でもありました。

 

 さて、ちょうどその頃から、パソコンや携帯電話の普及が急速に広がり始めました。

 それを見て、私は「必ずヘッドの時代が来る!!」と考え、実際にその通りになりました。

その理由は、私自身が辛い思いをしていたからです。


サロン開業直後、ワープロを使っていた私はパソコンに切り替え

サロンのポスター1枚作るのに、徹夜ばかりしていました。

当然、目も頭も疲れきりボーっとしていました。

 

その時スタッフにこのヘッドリフレをしてもらうと、まず視界が広がりくっきり見えるのです。

また頭の上部に重さを感じていたのも軽くなり、何故かやる気さえ出てきました。

 

今やパソコンも携帯も1家に1台ではなく、1人に1台。いえ、2台・3台となっています。

当然、ディプレイをみる時間が増え、その分、頭が極度の疲労に陥ります。

だから、ヘッドマッサージやヘッドスパが必要になってきたのは、自然の流れと言えます。

 

これからの時代、さらにネット社会になりヘッドリフレの需要も高くなるでしょう。 

お客様の声

【 ヘッドリフレ10分の施術を行ったお客様 】

● 施術後はいつもはっきり見え、特に色がきれいに見える
● 片方終わると、やっと側がスーッとし軽くなる
● 施術したほうの顔が上がりびっくり!
● パソコンでいつも頭が重く感じていたのに、ヘッドリフレ

  をすると軽くなる
● 顔を触ってないのにとにか顔が上がる
● 沈んでいた気分が明るくなった
● 施術中、便秘気味だったお腹が動き始めた
● あまり汗をかかないのに、フェイシャルでもポカポカして汗ばんだ
● 恥ずかしながら、施術中にトイレに行きたくなった
● 昨日暴飲暴食をしてヘッドリフレをしたら、胃と腸のところが疲れていると言われ、やっぱり

  痛かった
● 初めでヘッドリフレを受けた時、先に体調のことを言われそれが当たっていた
● 施術、後家に帰ってもずっと体が温かい
● 正直チョッと痛いけどスッキリするので好き

● 今回は2~3日痛みが残った
● 体調の良いときは痛みを感じなかったのに、疲れた時に受けたら痛かった
● 他の施術と全く違うので、これだけでも受けたい

ヘッドリフレの痛みについて

施術で拇指圧をかけるとき、お客様の状態によっては痛みを感じる部位があると思います。

このヘッドリフレは後頭骨の反射ポイントを人差し指の先で施術を行い、疲れている内臓の反射区では固くなって痛みを感じるケースがありますが、特に問題はありません。