今年大流行の兆し・新型ノロウィルスGll17型

ノロウィルスの対策が大丈夫ですか?

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い

 

 

今年は新型ノロウィルスが大流行する兆しがあります。

サロンはお客様に直接触れる仕事。

なので十分な対策が必要です。

 

ノロウィルスに有効な消毒が次亜塩素酸。

ここでは「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」の違いをご紹介します。

 

サロンでの消毒についてはブログを・・・

「マッサージの仕事の方集まれ!!安定型サロンの作り方」

【 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い 】

pH
次亜塩素酸水:pH5.0~6.5(弱酸性)
次亜塩素酸ナトリウム:pH12以上(強アルカリ性)

【使い方】
次亜塩素酸水:原液でOK
次亜塩素酸ナトリウム:使用用途により100倍から10000倍に薄める

【臭い】
次亜塩素酸水:基本的に無臭。反応時に塩素臭
次亜塩素酸ナトリウム:強烈な塩素臭

【用途】
次亜塩素酸水:衣服、手指、器具、空間などの除菌、消臭
次亜塩素酸ナトリウム:器具、容器などに限定して使える漂白剤。

【安全性】
次亜塩素酸水:目や口に入っても問題なし。歯周病にも使える
次亜塩素酸ナトリウム:金属を腐食する。トリハロメタンを生成する。

【刺激性、毒性】
次亜塩素酸水:なし
次亜塩素酸ナトリウム:刺激性あり。酸との混合で有毒ガスが発生

【殺菌力】
次亜塩素酸水:効果大。あらゆる微生物を不活性化
次亜塩素酸ナトリウム:高濃度(100ppm以上)にすれば有り

【消臭力】
次亜塩素酸水:効果大。臭いそのものを分解
次亜塩素酸ナトリウム:効果小。塩素臭が残る